「できた!」を引き出すうごキッズ教室

ヨッシーが考える子どもと運動について

赤ちゃん、うつ伏せにさせてますか?

time 2017/12/26

生後7ヶ月の息子です。仰向けから寝返りをしてうつ伏せへ。そしてスーパーマンです。首と上半身を持ち上げてバタバタ足を動かしています。これは発育発達の段階ではとても大切な動きです。

これって何かのトレーニング種目に似ていないでしょうか?昔部活で「背筋」としてやっていたものに似ていませんか?
やってみるとわかりますが、この姿勢は大人がやっても結構きついです。しかも足をバタバタさせるとより大変です。腰から背中の筋肉(脊柱起立筋群)を使います。

この筋肉は、重力に抗って姿勢を維持する筋肉(抗重力筋)とも呼ばれます。この子はまだ立てませんがこの動作をすることで、立つ準備をしているんですね。

ちなみに首を持ち上げているのにも意味があります。背骨は頭からお尻までカーブを描いています(整理的弯曲といいます)。その中で首の部分は少し反ったカーブを描くことになっています。それをこの首を持ち上げるという動作で作っているんですね。
この動作ができないとカーブができず「ストレートネック」になって肩こりの原因になる場合もあります。

この二つがあるので、うつ伏せは赤ちゃんにとってとても大切です。時期(月齢)や状況(見ていられるかどうか)を考えて、しっかりバタバタさせてあげましょう^^

down

コメントする




ヨッシーのつぶやき

高校生以上

スポーツトレーナー

吉田 大祐

吉田 大祐

NPO法人ソーシャルグッド 理事 スポーツトレーナー 1981(昭和56)年生まれ 東京都荒川区出身 駒澤大学文学部心理学科卒業 ヒューマンアカデミースポーツトレーナー専攻卒業 2002年よりトレーナー活動を開始。 [詳細]


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。